【フィクション】The Dark Path

The Dark Path

Treasures of the Demonic Hoardのリリースに向けて、「The Dark Path – 闇の道」をお楽しみください。

ディード島を生み出した古代のマグマ溜まりが地下でくすぶっていて、耐え難い暑さとなっていた。血のついた手でテーブルの上のルーンをなぞるリーヤの周りには、灰が渦巻いていた。「我々は道を失った。今、我々は火を灯し、ガイドが我々を導くことができるようにする。“In Flam Lor Vas Ort Por”」

「我々の血によって、ワイルドファイアは燃える。この火によって、道が照らされる。その道によって、ガイドが戻ってくる。“Por Grav Uus Flam” 」他の二人のモンクが一斉に呪文を唱え、彼らの手からマナの込められた血が同じルーン文字の書かれたランタンに滴り落ちた。ランタンの光が、拘束されたレイスを震わせ、悲鳴を上げさせた。

ランタンの炎がわずかに揺らいだとき、リーヤは顔をしかめた。彼女の姉妹がいなくなったことで、二人の劣ったカルティストらがそれぞれの役割を果たした。彼らの血の魔法は呪文を維持するのがやっとで、少なくともうち一人は儀式で生き残れないだろう。どんなに犠牲を払っても、この儀式は成功しなければならない。

銀蛇の騎士団が到着したのは、2回目に血を供えていた時だった。サーペンツホールドの領主自らが率いる六人の騎士が洞窟に突入してきたのだ。襲撃前に言葉が交わされることはなかった。騎士がダークモンクに戦闘斧を振り下ろし、傍らのアーケイン・ビーコンごと切断した。血と石の心臓とワイルドファイアが混ざり合い、混沌とした魔法の嵐となって燃え上がった。もう一人のカルティストも同様の結果となった。

リーヤは逃げることを考えたが、冷静にその選択肢を捨てた。姉妹たちが死んでいったものを完成させるために。テーブルに刻まれた五芒星に両手をぺたりと合わせ、リーヤは怒りのマナの渦を儀式に注ぎ込んだ。残ったランタンは数十個の幻影に分裂し、ポンと音を立ててそれぞれのビーコンがエセリアルボイドに入っていった。

その音に驚いた従者が、槍を儀式のテーブルに投げつけた。リーヤはチャネリングのコントロールを失った。過剰な負荷はモンクの肉だけではなく、レイスの鎖も焼いた。

不可思議な縛りが解けた時、その亡霊は手を伸ばした。影の指がリーヤの腕に巻き付き、骸骨の口が彼女に囁いた。「今、お前は私が見た恐怖を知るだろう」

ダークモンクは、石を突き破って下のマグマの中に引きずり込まれ、悲鳴を上げた。

【フィクション】 The Witch of the Isle

出典:UO公式

The Witch of the Isle

現在進行中のWildfireシリーズの次の作品を、ごゆっくりとお楽しみください

島の魔女

EMマラキ著

生のマナの稲妻がデーモンの不自然なエッセンスを引き裂いた。デーモンは最後の咆哮をあげ、波止場に燃え盛る炎の山の中に倒れ込んだ。最後に灰になったのは巨大な頭蓋骨だった。

ワイルドファイアの濃厚な煙が消え、レディー・テッサはようやく息ができるようになった。騎士は、剣を握っていた手から燃えたぎる小手を外した。島の商人たちのバケツの列が現れて、はぐれた炎を消し始めた。若い従者は大火傷を負っているにもかかわらず、ふらつきながらも注意しつつ立っている。レディー・テッサは、火傷や怪我を治すための呪文の本をめくった。

砦の騎士たちを治療しながら、テッサは何年も前に若い花嫁として初めてこの島に来たときのことを思い出していた。サーペンツホールドの人々は魔法を信用していなかった。領主や司令官が「魔女」と結婚したことは、大きなスキャンダルになった。彼女の友人であるブリタニア国王の訪問を受けて、彼らは彼女の目を見ることすらできなかった。彼らが魔法で傷を治すことを許すまでには、さらに数年を要したのである。

警鐘がテッサを回想から引き離した。数人の騎士が駆けつけたが、島の反対側にある臨時の野戦病院までは数分かかるだろう。彼女の魔法を使えば、すぐにそこに行くことができる。

彼女のルーンはテッサを大火の中に落とした。テッサは火を消し始め、一軒一軒、野戦病院のある砦への道を作っていった。中庭に入ると、患者を炎から守ろうとしているヒーラーを守るために、エネルギーの壁を召喚するのに間に合った。

炎の中心には、暗黒のローブを着た女がいた。ドルシッラが曲がったアセイミーをテッサに向けると、炎はそれに応じて蛇のようにスルスルと前進した。

“Kal Vas Xen An Flam!” テッサの魔法はディード島周辺の深海に呼びかけ、彼らは彼女にチャンピオンを提供した。巨大な水のエレメンタルが迫り来る炎を鎮めた。魔術師とエレメンタルはその魔法をダークモンクに向けた。

テッサは足に鋭い痛みを感じた、下を見ると小さなダーツがあった。欄干から、もう一人の女がダーツを手にして現れた。ダークモンクのソラリアは姉妹と一緒になって笑っていた。「その召喚は、舌を飲み込んだら長くは続かないわよ」 彼女は耳の後ろから小瓶を取り出した。

ドルシッラは手を挙げた。「リーヤは彼女を生かしておくことを望むだろう。彼女の血の効力は、闇の道の炎を照らすのに役立つ」

テッサは呪文書を落とし、太ももからダーツを引き抜いた。痛みはひどかったが、少しだけ彼女を奮い立たせた。彼女はモンクたちの気をそらすために小さな呪文で攻撃した。「今すぐ立ち去りなさい」 彼女はよろめいたが、自分を取り戻した。

ソラリアは笑っていたが、クロスボウの矢が彼女の腹部に刺さり、悲鳴を上げた。砦の騎士たちが到着したのだ。

「シスター!」 ドルシッラは炎を鎮め、肉親にヒールの呪文を唱えた。彼女が再びワイルドファイアを呼び出す前に、騎士の刃が彼女のアセイミーを真っ二つにした。モンクの姉妹はポケットからルーンを取り出した。

彼らが逃げる前に、テッサは最後の力とマナを使ってエレメンタルにモンクたちの上で波のように砕け散り、壁を越えて彼らを砦の下の海に投げ込むよう命令した。そして、彼女は倒れた。

騎士が槍を落としてテッサを捕まえ、簡易ベッドに運んだ。意識を失った彼女は、周りにいる心配そうな騎士たちの輪を見た。彼らは魔法を完全に信用することはないが、彼女を信用していた。テッサは彼らの魔女だったのだ。